×

CATEGORY

セキュリティーについて
当店のこのお買い物システムは自前のものでなく、ご安心してお買い物ができるよう上場企業さまの
ものを使っております。専門の業者さまです。
お客様の立場に立てば当然私でも心配です、このシステムでは全体の
セキュリティーは鍵マークに関係なく行われておりますが、鍵マークの登場する部分は実際の決済利用時の時など
必要な部分だけに限られておりますので、宜しくお願い致します。
当店では、SSL(Secure Sockets Layer)暗号化技術を用いて、お客様の情報が送信される際の通信を暗号化しております。
トップページ»  精力剤(軟膏・塗布)医薬品»  オットピン-S【第1類医薬品】男性ホルモン20mg(1g中)の軟膏。男性ホルモンの強化

オットピン-S【第1類医薬品】男性ホルモン20mg(1g中)の軟膏。男性ホルモンの強化


オットピンS

 
この医薬品の特徴について

男性ホルモンのバランスが崩れると性機能障害が起こります。
オットピンには皮膚の柔軟部から体内に吸収されるメチルテストステロン(男性ホルモン)オットセイのオイルを配合しておりますので,
男性更年期及び更年期以後における精力減退,勃起力減退,早漏,更年期障害,男子一般老衰現象の予防及び回復を助けます。

 
市販の健康食品・サプリメント等を買っていまいち効果が実感出来ない...
なんてことをお客様から正直よく聞きますが医薬品となると話は変わってきます。
ストレスや加齢、生活習慣などが原因によるEDが増えている現代には、やはり男性ホルモンにより男らしさを回復させてやらなければなりません。ただ立てばよいと言うのではなく、男としての力を取り戻す事が大切です。力強く仁王立ちした貴方を想像してみて下さい。10年前、20年前のあなたを取り戻すためにお試しになって見て下さい。

オットピン-Sの公式サイト
 
男性ホルモンを充足することで本能的に刺激に敏感になり知覚的・心理的刺激や、物理的刺激が脳内の勃起中枢を刺激することで、陰茎内にある海綿体の毛細血管に血液が流れ込み、筋肉の力ではなく陰茎内の血液の圧力によって充血し、下方に垂れていた陰茎が硬く大きくなることで勃起が起こります。
陰茎内には3の海綿体が並んでいます。そのうちの1つである尿道海綿体は、尿道を形成するもので、勃起にかかわるのは他の2本の陰茎海綿体です。陰茎海綿体は、丈夫なタイヤのチューブのような白膜に覆われており、内部に血液が充満すると白膜が内圧に耐えることで勃起が起こります。
陰茎に流入する血液は、外腸骨動脈→内腸骨動脈→内陰部動脈を通って陰茎内の尿道球動脈・陰茎背動脈・陰茎深動脈の3つの動脈に枝分かれした後、海綿体内の静脈につながります。性的興奮などで勃起中枢が刺激されると、動脈は緩まり血液が海綿体に充満して勃起し、逆に動脈が縮ると陰茎も縮みます
勃起の種類は中枢性勃起と反射性勃起
勃起には中枢性勃起反射性勃起の2つがあります。 視覚や聴覚の刺激、精神的・心理的な刺激によるものが中枢性勃起で、女性の裸を見るなど性的な想像をすることで起こり、大脳皮質を経由して、性中枢、脊髄の勃起中枢に伝わり、勃起が生じます。反射性勃起は、マスターベーションやペッティングなどの物理的刺激を陰茎、陰嚢に与えたり、直腸、膀胱を刺激することで、脊髄の中にある勃起中枢が刺激されることにより起こります。
また、睡眠時に起きる夜間勃起は、一晩に3~6回あるレム睡眠期の間に起こるもので、目覚めた時がちょうどレム期に一致すると俗に言われる「朝立ち」として気がつきます。余談ですが、子宮内の胎児も、陰茎や陰嚢が、臍帯(へその緒)で刺激を受けて反射性勃起を起こすことがあるそうです。

テストステロンの分泌は20歳代をピークに、その後加齢とともに衰えて行きます。 普通は徐々に衰えますので、何となく「歳を」お感じになる男性が多いと思いますが、40代から60歳代にかけては、男性の社会的責任とストレスが公私共々高まる時期です。そのため、人によっては、ある日突然テストステロンの分泌が急激に減ってしまって、自律神経失調のような不定愁訴を生じてしまうことがあります。これが、男性更年期です。

勃起力減退の原因は色々です。年を重ね男性ホルモンの分泌低下と共に勃起力が低下することは自然の摂理であり致し方ないことですが、人によりかなりの差があることは、もしかすると生活習慣を改めるだけで勃起力にも大きく差が出るのかも知れないという予想が浮かびます。
「食生活」「睡眠」「生活リズム」「ストレス」「運動」の要素が適切に管理されていればテストステロンの分泌を促すことができる、年齢以上にライフスタイルを大切に。

単に年齢に原因を求めるだけではいけないのではないでしょうか。精力剤30数年の経験からもそれを強く感じております。肥満や糖尿病・高血圧などの生活習慣病、喫煙・運動不足・睡眠不足や生活上の様々なストレスが、あなたの精力と健康を大きく損ねていることが心配です。精力と健康は密接な関係にあります。一般的に精力的な方は健康的です、癌などの病気は別として。癌は発がん因子の重複によって起こる病気です、元気があっても、条件さえ重なりあえば突然なることもあるからです。癌は発がん因子を重ねないことが肝要です。少し損ねた健康は早めに取り戻し、改善して下さることをお薦めします。

動脈硬化症に関係する高血圧・脂質異常症も勃起力との関係を疑われますし、糖尿病のように動脈硬化症に糖尿病性神経障害が加われば尚更かも知れません。

なのでその様なご病気をお持ちの方は、やはりそのことに留意して対処すべきではないでしょうか。

事務職の方にその傾向が顕著で肥満・運動不足がEDの罹患に関与していることは、医学的情報で報告されています。

健康をキープする、それが健康精力年齢を長持ちさせる秘訣です。80歳まであなたもご挑戦してください。80台で現役の方もたくさんいらっしゃいます。もちろん、当店は色々な医薬品やサプリメント、情報などのご提供ですべてのタイプのお客様の応援をさせて頂きます。


※本品は医薬品ですので、ご購入の際は下記の詳細を必ずご確認下さい。
 

  • オットピン-S【第1類医薬品】男性ホルモン20mg(1g中)の軟膏。男性ホルモンの強化

  • 販売価格

    5,200円(税込)

  • ポイント還元3%
  • メーカー希望小売価格

    7,560円(税込)

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 効能・効果
    男子更年期以降における精力減退,勃起力不全,早漏,陰萎,遺精,精液漏,男女恥部無毛症,更年期障害(頭痛,倦怠,記憶力減退),男子一般老衰現象。
    用法・容量
    1回0.1〜0.2g,1日3〜5回を指頭またはガーゼ脱脂綿にて男子性器・内股等に塗布してください。(15歳未満の小児は使用しないでください。)
    成分・分量
    ▼1g中▼
    メチルテストステロン/20mg
    使用上の注意(必ずお読み下さい)
    ■してはいけないこと
    (守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故がおこりやすくなる)
    1.次の人は使用しないこと
     (1)本剤又は本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
     (2)ご使用前に本剤をチューブから5mm程度出し,内股などの皮膚のうすい所にすり込んで,翌日中に薬疹,発赤,かゆみ,かぶれ,はれなどの症状が現れた人。
     (3)アンドロゲン依存性腫瘍[例えば前立腺腫瘍,乳腫瘍(悪性)]及びその疑いのある人。
     (4)妊婦又は妊娠していると思われる女性。
     (5)15歳未満の小児。
     (6)排尿困難を伴う前立腺肥大のある人。
     (7)前立腺検査※の結果,前立腺特異抗原(PSA)の値が2.0ng/mL以上の人。(医師の判断に従うこと。)
      ※本剤の有効成分(メチルテストステロン)は前立腺腫瘍を進行させるおそれがあります。
      a)特に50歳以上の男性は前立腺腫瘍の罹患率が高まるため,本剤のご使用前に前立腺検査を受ける必要があります。
      b)継続的にご使用の人は定期的な検査を受ける必要があります。
      c)検査の結果,異常があった場合には直ちに本剤のご使用を中止して,医師又は薬剤師に相談すること。
     (8)睡眠時無呼吸症候群である人。
    2.次の部位には使用しないこと
     (1)目や目の周囲,粘膜(口腔,鼻孔等)。
     (2)陰茎部先端(尿道口),外陰部。
     (3)外傷,炎症,湿疹,ただれ,化膿などのある部位。
    3.本剤を使用している間は,男性ホルモンを含んだいずれの医薬品も使用しないこと
    4.授乳中の人は本剤を使用しないか,本剤を使用する場合は授乳をさけること
    5.使用者以外へ付着させないこと
     (1)ご使用後は石鹸とぬるま湯で手を十分に洗って下さい。
     (2)本剤を使用者以外の人に付着させないように注意して下さい。付着した場合は直ちに洗い流して下さい。
     (3)塗布部が他の人と接触する可能性があるときは,塗布部を石鹸とぬるま湯で十分に洗い流して下さい。
    ■相談すること
    1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること
     (1)医師の治療を受けている人。
     (2)前立腺肥大ではあるが,排尿困難を伴わない人。
     (3)薬などによりアレルギー症状(発疹・発赤,かゆみ,かぶれ,はれ,水泡など)を起こしたことがある人。
     (4)重度の心臓病,腎臓病,肝臓病,高血圧またはその既往症のある人。
    2.使用後,次の症状が現れた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること

    [関係部位:症状]
    皮膚(塗った所):発疹・発赤,はれ,かぶれ,かゆみ,水泡,にきび
    内分泌(女性):月経異常,変声等の男性化の兆候

    3.1ヵ月程度使用しても症状の改善が見られない場合は使用を中止し,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
    4.誤った使い方をしてしまった場合は,この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
    保管及び取り扱い上の注意
    (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること。
    (2)小児の手の届かない所に保管すること。
    (3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる。)
    (4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
    (5)本剤が出すぎた場合は,チューブに戻さないこと。
    製造販売元
    会社名:ヴィタリス製薬株式会社
    住所:埼玉県比企郡吉見町下細谷96
    電話:0120-199-301
    受付時間:9:00〜17:00まで(土・日・祝日を除く)
    その他:http://www.vitalis.co.jp
    リスク区分
    第1類医薬品
    広告文責
    良薬堂|森重 豊彦 0120-177-331

関連商品