×

CATEGORY

 

金蛇精は効くのか?効果、飲み方、成分、副作用などを詳しく解説

サプリメントにはない医薬品ならではの効目をお試しください。男性ホルモンを補給させることによって気力を回復してゆきます。
男性ホルモン製剤はバイアグラなどの機械的勃起製剤と違い、性欲を掻き立ててくれます。動物本来の性欲が湧きおこり、また意欲が湧いてくる感じです。
この製品とパワーアルキックスは相性が良いので良く併用して頂いております。漲る精力・湧き上がる精力が出てくるところがバイアグラなどを利用した時との大きな違いでしょうか。
不思議なことにパワーアルキックスを女性が飲み続けると盛りのついた猫状態になると言われる方もおられます。
ストレスや加齢、生活習慣などが原因によるEDが増えている現代には、やはり男性ホルモンにより男らしさを回復させてやらなければなりません。ただ立てばよいと言うのではなく、男としての力を取り戻す事が大切です。力強く仁王立ちした貴方を想像してみて下さい。以前のあなたを取り戻すためにお試しになって見て下さい。



理解の為に参考になる文献等も併記しておりますので参考になさって下さい。

では、今回はこの金蛇精をわかりやすく解説をしていきます。



注意
次の人は服用しない事。
・心臓病 ・腎臓病 ・高血

(1)女性  (2)未成年者
この製品は、薬剤師から説明をよく受け「使用上の注意」をよく読んでから服用して下さい。


金蛇精 特長
40代を超えると男性はホルモンの分泌が大きく損なわれていきます。
毎年1%づつ分泌が少なくなっていくのを補うことは大変意味のあることです。
男子更年期障害の予防の上でも男性ホルモンの服用を試してみてはいかがでしょうか?
 
男性ホルモン(メチルテストステロン)を補充することで、気力を回復してゆきます。
 
男性ホルモン(メチルテストステロン)を補充すること等で、視力減退・記憶力減退・精力減退を改善します!!
 
男性ホルモン以外にも、ビタミン・アミノ酸・強壮生薬等が配合され、男性ホルモン不足からくる様々な症状に効果を発揮します。

金蛇精をはがきでご注文される方は下記の要領でご記入ください。
はがき
【用法・用量】
成人(15歳以上):3錠:2〜3回
15歳未満:服用しないこと

【効能・効果】
▼男子更年期障害及びその随伴症状▼
精力減退,視力減退,記憶力減退,
全身倦怠,頭重,五十肩

男子更年期以降における
▼男性ホルモン分泌不足による諸症▼
性欲欠乏,性感減退,勃起力減退,陰萎,遺精


▼まずは1ヶ月お試し下さい。▼

金蛇精購入ページはこちら

金蛇精の公式ウェブサイト





医薬品の中でも第1類医薬品ですので、
使用上の注意をよく読んで正しく使用しましょう。

まずはこの医薬品を使用できるか1つずつ見ていきましょう。

 

 

 

 

▼次の人は服用しないでください。
・ アンドロゲン依存性悪性腫瘍(例えば前立腺癌など)及びその疑いのある人(腫瘍の悪化をうながすことがあります。)
参考に、
前立腺肥大症
・ 肝機能障害のある人(症状が増悪する事があります。)
・ 女性
参考に、
男性ホルモン
・ 15歳未満の小児
▼次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談しましょう。
・ 医師の治療を受けている人
・ 高齢者(アンドロゲン依存性腫瘍が潜在している可能性がある為)
・今まで薬などによるアレルギー症状や喘息を起こしたことがある人


※ 次の症状がある人
・ 排尿困難
※ 次の診断を受けた人
・肝臓病 ・前立腺肥大症 ・前立腺腫瘍(悪性)




金蛇精と摩耶堂 

金蛇精にはマヤ金蛇精、ネオ金蛇精などの塩酸ヨヒンビンの製剤がございましたが、どちらもなくなってしまいました。今のハンビロン、ストルピンMカプセルなどと同じ劇薬製剤でした。
摩耶堂の最後の一族の御曹司さんの時に経営が立ち行かなくなり、その後ロート製薬さんが買い取ったのは皆様もご存知のことと思います。

 
 


金蛇精はどのように効果があるのか
 
勃起は血液の圧力が高まることで起こります。
金蛇精
活力Mなどで男性ホルモン(メチルテストステロン)充足してあげることで本能的に刺激に敏感になります

知覚的・心理的刺激や、物理的刺激が脳内を刺激することで、陰茎内にある海綿体の毛細血管に血液が流れ込み、筋肉の力ではなく陰茎内の血液の圧力によって充血し、下方に垂れていた陰茎が硬くなり勃起しやすくなります

陰茎内には3本の海綿体が並んでいます。そのうちの1つである尿道海綿体は、尿道を形成するもので、勃起にかかわるのは他の2本の陰茎海綿体です。陰茎海綿体は、丈夫なタイヤのチューブのような白膜に覆われており、内部に血液が充満すると白膜が内圧に耐えることで勃起が起こります。

陰茎に流入する血液は、外腸骨動脈→内腸骨動脈→内陰部動脈を通って陰茎内の尿道球動脈・陰茎背動脈・陰茎深動脈の3つの動脈に枝分かれした後、海綿体内の静脈につながります。性的興奮などで勃起中枢が刺激されると、動脈は緩まり血液が海綿体に充満して勃起し、逆に動脈が縮ると陰茎も縮みます


 
勃起の種類

勃起には中枢性勃起反射性勃起の2つがあります。 視覚や聴覚の刺激、精神的・心理的な刺激によるものが中枢性勃起で、女性の裸を見るなど性的な想像をすることで起こり、大脳皮質を経由して、性中枢、脊髄の勃起中枢に伝わり、勃起が生じます。反射性勃起は、マスターベーションやペッティングなどの物理的刺激を陰茎、陰嚢に与えたり、直腸、膀胱を刺激することで、脊髄の中にある勃起中枢が刺激されることにより起こります。

また、睡眠時に起きる夜間勃起は、一晩に3~6回あるレム睡眠期の間に起こるもので、目覚めた時がちょうどレム期に一致すると俗に言われる「朝立ち」として気がつきます。余談ですが、子宮内の胎児も、陰茎や陰嚢が、臍帯(へその緒)で刺激を受けて反射性勃起を起こすことがあるそうです。