×

CATEGORY

 

紅豆杉

紅豆杉で大丈夫か?

口コミ効果 ガン 癌


飲み方 使い方 わかりやすく解説!

煎じておのみになる場合   約1ℓ のお水を沸騰させティーバッグを1~3包入れ火を弱くし約5分間煮出しして下さい。煮だしの時間は5分を超えないよう注意してください。揮発性成分が含まれておりますので、ご面倒でも火を止めたら素早くティーバッグをすべて取り出して下さい。成分がティーバッグの方に戻るのを防ぐためです。ポットなどに入れて一日中こまめに水分補給にお使い下さい。お体での濃度を一定に保つように心がけてください。なお、煎じる器は、土瓶様のものやホーローのもの、耐熱ガラスなどをお使いいただきたいです。
当店では150g(5g×30袋)、6粒×90包81000円も取り扱っておりますので、ご入用の方はお申し付けください。
はがき


50になったあなた、60になったあなた、70になったあなた、80になったあなたを
想像して生きてみませんか。希望が無くなると人生はつまらないものに10年後を
いつも想像して生きて行きましょう、さてさてあなたの10年後は如何に。あなたが
こうありたいと強く強く思う事があなたの未来へと繋がります。もしかしてこう
なっとてしまうのではないかと自分の希望と反対の事を思ってしまえば、それが
あなたの強い想いとなってしまいます、つまり、知らず知らずその思いが強いあな
たの想いに。そうならない為に強く希望に生きて下さい、強い強いあなたの想いが
あなたの未来を創ります。
素晴らしい未来を創りましょう、勿論作るのはあなたです。

生きてみる未来を

何よりも病気にならない生活習慣を身に着けることが大切です。
結局そのような病気になってしまうのはあなたの生活習慣に大きな原因が存在しているからです。
その原因を正さなければその先の結果も同じです。まずはその病気になってしまう生命の傾向性から
改革して行きましょう。一番最初の取り組みは何といっても食事の改革、病気になる前の食事を続けて
行くなら、原因がそこにあるのであればいくら治療をしても結果は同じ、その生命の傾向性、その生活習
慣をまず立て直して行きましょう。




正式には雲南紅豆杉と呼ばれておりますが、元来はTaxus cuspidata イチイの仲間です。イチイは日本でも見られ、木材としては年輪の幅が狭く緻密で狂いが生じにくい利点を利用して、工芸品や机の天板、天板板、えんぴつ材として用いられている。また、飛騨地方の一位一刀彫が有名。また、弾力性に富むことから、アイヌはイチイを弓を作る材料として使っていた。イチイのアイヌ語名「クネニ」は「弓の木」の意味なのだそうです。古代日本(一説には仁徳天皇の時代)では高官の用いる笏を造るのにこの木が使われた。和名のイチイ(一位)はこれに由来するという説もある。檜よりも堅いとされることや希少性から高価である。
  

紅豆杉 
いつまでも若々しく、健康が一番。
人は体に良いものを取り入れ、悪いものを避けることが長寿の秘訣です。
ミルクを原料とする乳製品の取り過ぎ、現代はチョコレートを食べてもクッキーを食べてもカフェラテを飲んでもアイスクリーム、、ケーキといたるところに乳製品があふれています、そう知らず知らずに乳脂肪過多の生活を送ってしまいます。お魚に含まれるEPAやDHAのオメガ3もっと取り入れて、パンをマーガリンやバターで食べお肉を食する生活習慣を改め、糖分の取り過ぎを避け毎日の健康管理を心がけることが大切です。もちろん煙草は論外です、発がん物質そのものですから。
紅豆杉の煎じたものが時間が経つと赤くなるのは、豊富なポリフェノールの為です。
添加物や保存料・着色料を一切使用しない、自然な赤い紅豆杉のお茶で元気な毎日をお過ごしください。


紅豆杉購入ページはこちら      ただ今ビッグプレゼント中です。

紅豆杉の公式ウェブサイト


 

紅豆杉
 
 

そう言えば昔、中国の保護植物で樹皮などに含まれる成分が抗がん作用があるとかで盗伐されて政府が取り締まりを強化して伐採を禁止したとか言うニュースがあった。その当時はあまり関心がなかったのでスルーしたけど雲南紅豆杉のことだったんだ。今は抗がん剤の成分も人工合成できるようになったみたいで騒動は収まったみたいですね。

 

世界でも最も古い樹木の一つ

紅豆杉は、新生代第4紀氷河期から長い厳しい大自然の風雪を越え現代まで生きのび、現在残存している56種の中でも、地球最古の最も貴重な樹であります。
2億年前の中生代から一属一種の太古のままの姿で残り、「太古のまま生きる化石」などとも呼ばれています。
また、大変「生命力が強い」、転じて「気が強い」樹木とも思われています。
世界にある樹木の中でも、最も海抜が高い所に生息しており、異例の高山植物ですが、平均樹高21m、平均幹周5.6m、平均樹齢3000年(中国科学院調査)という極めて生命力の強い樹木と考えられております。
樹齢3000年という長寿を敬い、人間の99歳の白寿にちなんで「白豆杉」という別名が生まれたそうです。

紀元前より王室専用の仙樹

中国に於いては、2200年以上も前の秦の始皇帝の時代から、歴代王朝で、大変貴重な王室のみに許された仙樹として大切にされ、重用されたようです。
万里の長城を作った秦の始皇帝は、中国統一という偉業を成し遂げてから、不老不死を望むようになります。
始皇帝に命を受けた徐福達臣下は、当時の世界中を捜し、見つけだしたもののひとつが雲南紅豆杉であったといわれ、仙人になれる仙樹とも呼ばれるようになったようです。
中国政府がこの貴重な仙樹である雲南紅豆杉を保護する目的で、法律で国家一級保護植物に指定し、伐採禁止、売買禁止にしていた為、以前は流通する事は無かったのです。 
歴史的な中国の英断は、昭和20年の終戦直後から、雲南省の高山地域に住む少数山岳民族である磨些族(納西族の元祖と言われる)と協力して、毎年植林事業をした事によります。
その結果、ようやく絶滅の危機を脱したと判断し、政府は、さらなる植林事業と研究推進の予算獲得政策を始め、米国と日本に限り、例外的に限定輸出することにしたようです。

参考文献、画像等は、(株)紅豆杉による


最後にこのような主張をされている先生もいらっしゃいますが、あくまでも食品であることをお忘れにならないでください。
 

がんになりにくい体をつくる会 第1回講演 ③ ~ 和田洋巳先生の講演


京都大学名誉教授 からすま和田クリニック院長の和田洋巳先生で、テーマは「がん細胞の成長と生活習慣の関連を解く」でした。和田先生は、「がんとエントロピー」の著者としても有名です。

先生は、様々な実験観察(論文)を基に、癌の成り立ちやそれに基づく癌治療法について説明下さいました。例えば癌はブドウ糖を好むので、ブドウ糖を大量に含む、あるいは消化の過程で短時間にブドウ糖が大量に生成される砂糖のような精製炭水化物の摂取は、癌治療には不適となります。更にはブドウ糖は、IGF-1(インスリン様成長因子)と言う物質を産生し、これは癌細胞の成長を刺激しますので、この点からも砂糖の摂取は癌を克服する妨げとなります。

またIGF-1は、安い肉には成長剤として投与されていることが多いので肉食は止めたほうがいいですし、牛乳にも沢山含まれていますので、牛乳・乳製品も不適です。またIGF-1は過食すると体内で発現しますので、過食も避ける必要があります。
IGF-1と癌の関係については、自身の乳がんを牛乳・乳製品断ちで克服した英国王立医学協会終身会員 ジェイン・プラントの著書「乳がんと牛乳」に詳しく書かれています。

過食や糖質食と言えば糖尿病と深い関わりがありますが、糖尿病の薬として知られるメトフォルミンを服用している人の癌死亡率は低いそうです。
とは言え、本来は糖尿病にならないような生活を心がけることの方が、より重要だとは思いますし、そのような生活の方が薬を飲むよりよっぽど効果が高いように思います。ちなみに糖尿病は癌予備軍とも言われているそうです。




 ここで少し別のタイプのものをご紹介いたします、良くセットでお使いの方も多いのでご参考までに。バイオブランですが、ご存知の方も多いかと思われますが、こちらもメーカー様の出されている資料をご確認ください。当店で扱っているのは最上級のレンチンプラス1000LY【90包税込48000】です、もちろんお安くさせて頂いておりますのでお試しください。

 

 

紅豆杉と比較してみる。メーカー様の解説より

ヘミセルロースBを主な原料とする本製品はデンプンや食物繊維と同様に多糖類に分類されます。
デンプンは、唾液、腸液、腸液で消化された後、ブドウ糖として小腸から吸収され、食物繊維は消化・吸収されずにそのまま体外に排出されます。
一方で、バイオブランはデンプンや食物繊維とは異なり、消化を受けずに一部が血中へ移行するという特性が確認されています。
すなわちバイオブランは①直接血中で、②回腸でのパイエル板の刺激を介して、生体のNK細胞・T細胞・B細胞・マクロファージを活性化し、免疫調整(免疫賦活、抗炎症、抗アレルギー、抗酸化等)するものと考えられます。
この様にバイオブランは複雑な経路をたどり、自然治癒力の強化、化学療法剤副作用の軽減、QOLの改善に寄与しています。